トップページ > .ブログ > 混合歯列期の過蓋咬合
ランドマーク歯科クリニックのブログ
月別アーカイブ
カテゴリ
  • 混合歯列期の過蓋咬合

    奥歯で咬んだ時、下の前歯が上の前歯に隠れて見えない状態を過蓋咬合(かがいこうごう。別名ディーブバイト)といいます。
    こういったケースは混合歯列期であれば大掛かりなことをしなくても簡単に改善され、将来の不正咬合になるかもしれない可能性を低くすることができます。

     

     

    T4k装着前の写真

    T4K装着前(前歯部が深く噛みこんでいます)

     

     

    T4K装着後6か月の写真

    T4K装着後6か月(たった半年で前歯部の被蓋はだいぶ改善されました)

     

     

     

     

     

     

    2013年09月09日  カテゴリ:.ブログ-小児歯科-矯正歯科
    稲城市の歯科【ランドマーク歯科クリニック】院長の半澤昌也です
    小児から高齢者まで、お口の健康管理、機能と審美の調和をモットーに
    良質な歯科医療の提供を目指しています
    どんな小さなことでも稲城市の歯科【ランドマーク歯科クリニック】にお気軽に相談してください。

    HP:http://www.landmark-dc.com/  
    TEL:042-370-2855
    東京都稲城市東長沼3107-4 京王リトナード稲城 3F
稲城市の歯科
ランドマーク歯科クリニック
東京都稲城市東長沼3107-4
京王リトナード稲城 3F
TEL:042-370-2855
FAX: 042-370-2856
受付時間
月.火.木.金 :  午前 10:00~12:30
 午後 14:30~19:00
:  午前 10:00~12:30
 午後 14:00~17:00
定休日 :  水曜日・日曜・祝日
RSS 2.0