BLOGブログ

矯正治療後の後戻り

動的治療(歯を動かす治療)が終了した後、きれいになった歯並びを維持安定させるために保定装置(リテーナー)というものを患者さんに装着してもらうのですが、この期間中にリテーナー装着を怠ったために後戻りしてしまうケースがあります。

写真の患者さんも、矯正治療後のリテーナー装着を途中でやめてしまい、歯が後戻りしてしまったとのこと、しかしもう一度きれいな歯並びを取り戻したいということでMTM(小矯正)を行いました。

 

0000002950

左上2番が後ろに引っ込んでいます

 

 

0000002950

前歯部のみニッケルチタンワイヤーを取り付けます

 

 

0000002950

ワイヤーの力で歯が前方に引っ張られます

 

 

0000002950

徐々に前に出てきました、スペースを確保するために、まわりの歯をわずかに削っています

 

 

0000002950

きれいに前に出ました

 

 

0000002950_

治療期間は3ヶ月、費用は5万円ほどです

 

 

0000002950

上下顎の正中(中心)も一致しました

 

 
不正歯列は見た目だけの問題ではなく顎機能にも大きな影響を与えます
今回のMTMは簡単なケースでしたが、どんな場合でもできるわけではなく、咬合状態など詳しく精査したうえで、適応を判断し、慎重に行わなければなりません、興味のある方はご相談ください。