BLOGブログ

咬む力で歯を動かす

成長発育期の反対咬合は将来重篤な不正咬合に発展する原因になりますので早期の対応が重要となります、やり方はマウスピースを用いた方法や矯正装置を装着する方法など色々あると思いますが、極力簡単に治せるのであればそれに越したことはありません。そこで今回は咬合力(咬む力)を利用して歯を移動させる方法を紹介します、少々強引なやり方ではありますが矯正装置を使わず簡単に歯を移動させることができます。
 

 

術前

患者さんは8歳、左上1番が反対咬合となっており、このままでは不正歯列になってしまいます

 

 

レジンキャップ

そこでレジンのキャップをかぶせて、そこだけに咬む力が加わるようにします

 

 

術中

すると2週間後すべての歯が咬むところまで前歯が前方に移動します

 

 

術後

レジンキャップを外すと、左上1番は無事正常咬合となりました