ランドマーク歯科クリニックのブログ

月別アーカイブ
カテゴリ
    口腔外科の記事
  • 完全埋伏智歯の移植

    完全埋伏智歯を移植する、、こういったチャレンジ症例はあまり引き受けないのですが、この患者さんの担当歯科医は左下7番が歯根破折により保存不能、抜歯を行いインプラント治療を提案されたそうです。 とこ...本文はこちら
    2015年10月30日  カテゴリ:.ブログ-口腔外科
  • 親知らずを移植して有効活用する

    保存不能となった歯を抜歯せざるを得なくなった場合、咬合に参加していない不要な智歯(親知らず)を抜歯と同時に移植するという方法があります 入れ歯やブリッジやインプラントといった人工物を用いなくとも、...本文はこちら
    2015年02月19日  カテゴリ:.ブログ-口腔外科
  • 粘液嚢胞

    粘液嚢胞(ねんえきのうほう)はおもに下唇腺の唾液が貯留したもので、菲薄な線維性の被膜に覆われたものです、臨床では頻繁に見られるものであり10分程度の簡単な処置で取り除くことができます、しかし再発するこ...本文はこちら
    2014年01月27日  カテゴリ:.ブログ-口腔外科
  • FGG(free gingival graft) 遊離歯肉移植術

    インプラント治療において長期安定性を得るための鍵となるのがインプラント周囲の歯肉組織の状態です。インプラントを取り囲む周囲組織が硬い付着歯肉と呼ばれる不動粘膜に覆われていると、清掃性や細菌などに対する...本文はこちら
    2013年11月21日  カテゴリ:.ブログ-口腔外科
  • 埋伏歯の移植

    萌出している智歯(親知らず)を保存不能な歯の抜歯窩に移植するというのは、以前このブログで紹介しましたが、今回は埋伏している歯を移植するというケースを紹介します。 患者さんには成功確率が低くなることを...本文はこちら
    2013年03月26日  カテゴリ:.ブログ-口腔外科
  • 埋伏歯

    下のレントゲン写真、何か分かるでしょうか? これは埋伏歯(まいふくし)と言い 「骨または粘膜の中に埋まっていて、出てこない歯」のことを指します こういった場合、どうしたらいいでしょうか? ...本文はこちら
    2012年10月22日  カテゴリ:.ブログ-口腔外科-矯正歯科
  • フラップオペレーション

    歯周病治療における最終手段、フラップオペレーション(歯周外科)について。 歯周ポケットの深さが6ミリを超えてくると、基本的なスケーリング・ルートプレーニングだけではかなりの頻度で歯石の取り残しがある...本文はこちら
    2012年03月08日  カテゴリ:.ブログ-口腔外科-歯周病
  • TCH(Tooth Contacting Habit)

    顎関節症の原因として最近注目されているのが、「不必要な上下の歯の接触癖 」 Tooth Contacting Habit (TCH)と呼ばれているもので 東京医科歯科大学顎関節治療部准教授の木野孔...本文はこちら
    2012年02月16日  カテゴリ:.ブログ-口腔外科-咬合顎関節
  • 顎関節症

    世間一般で呼ばれている「顎関節症」と専門的な「顎関節症」の定義は正確には一致しないのですが、ここでは町の歯医者さんが多く診察している顎関節の機能障害を顎関節症としてお話します。 一般開業医を訪れ...本文はこちら
    2011年11月28日  カテゴリ:.ブログ-口腔外科-咬合顎関節
  • 抜歯

    親知らず、「なかなか抜けない??」と思っていたら。。 こんなに曲がっていました。 ...本文はこちら
    2011年11月27日  カテゴリ:.ブログ-口腔外科
稲城市の歯科
ランドマーク歯科クリニック
東京都稲城市東長沼3107-4
京王リトナード稲城 3F
TEL:042-370-2855
FAX: 042-370-2856
受付時間
月.火.木.金 :  午前 10:00~12:30
 午後 14:30~19:00
:  午前 10:00~12:30
 午後 14:00~17:00
定休日 :  水曜日・日曜・祝日
RSS 2.0