IMPLANTインプラント紹介

はじめに

歯科医療におけるインプラント

近年インプラント本体の性能向上やインプラント治療における理論や技術の確立は目覚しいものがあり、現在のインプラントの10年~15年の累積生存率は90%を越えると言われています。
数十年前に比べると非常に信頼性の高い歯科治療となり、歯を失った患者さんに対して行われる欠損治療の選択肢の一つとして一般的になりつつあります、しかし一部の歯科医師によって患者さんとのトラブルに発展するような事例がマスコミでも取り上げられることもありインプラント治療に対してネガテイブな印象を持っている方も多くいらっしゃると思います。
当院では安心安全なインプラント治療を心がけ患者さんに満足してもらえることを第一に考えインプラント治療に取り組んでおります。

白く自然なインプラントのイメージ

当院で使用するインプラント[CAMLOG®インプラントシステム]

ドイツのプフォルツハイム近郊ヴィムスハイムに本社を置くALTATEC社で製造され、長年の研究から生み出されたデザインコンセプトと、世界屈指の工業先進国ドイツにおいて高い技術で作り出される品質の高さは、世界の歯科臨床で高い評価を得ています。
そうした信頼と納得のインプラントシステムを当院では開院以来使い続け、多くの患者様から支持される安心安全なインプラント治療を提供しています。

CAMLOG®インプラントシステム

日本口腔インプラント学会認定専修医による安心安全なインプラント治療

院長(半澤昌也)は日本口腔インプラント学会のインプラント専修医に認定されています。
平成27年のデータでは14000人以上の会員のうち、指導医が184名(会員の1.3%)、専門医が992名(会員の7.0%)、専修医が919名(会員の6.4%)となっており、日本口腔インプラント学会において認定医になるためには、とても厳しい審査基準をクリアしなければなりません。
当院では、日本口腔インプラント学会のガイドラインに従い、認定医による安心安全なインプラント治療を行なっています。

日本口腔インプラント学会認定書

納得の10年保証

もしインプラントがダメになったときは・・
高額な治療費を払って再び手に入れた大切な歯ですから、できるだけ長く大切に使い続けて欲しいと願います。そのために当院では万が一トラブルが発生した際にはインプラント体も上部構造(かぶせ物)も10年保証を行っています。だから治療後も安心してアフターケア(修理、再治療)を受けることができます。
※ただし医学的に妥当と判断されるケースのやり直し治療には対応しません。
※半年に1回の定期健診を受けていない場合、保証が受けられないことがあります。

転倒自転車

CTによる安心治療

昨今歯科界においてCT撮影(コンピューター断層撮影)の有益性がとても高まっています。

CTによって顎骨の形態および顎骨内の下顎管や上顎洞の位置を3次元的に正確に把握することが可能となり、これまでインプラント治療が困難とされてきたケースも安全にインプラント治療を行うことができます。

シロナ社製ORTHOPHOS XG 3D

当院ではドイツの世界的医療メーカーであるシロナ社製ORTHOPHOS XG 3Dを導入しております。

顎の透過図

下顎骨の量が少なく下顎管までの距離が非常に近いケースですが、CTで画像診断することによって正確な埋入位置を設定することができます。

サージカルガイド(SMOP)

プランニングソフト上でシュミレーションされたインプラント埋入ポジションを実際の口腔内で正確に再現するため3Dプリンターで作製されたサージカルガイド(SMOP)を使用することによって適切なインプラントポジションへ正確に埋入することが可能となります。

サージカルガイド作製手順

参考(厚生労働省 歯科保健医療情報収集等事業より):
「安心してインプラント治療を受けるために」

医療機関の方へ・・・
当院では歯科用コーンビームCTの撮影依頼を承っております(撮影費用は税込み21600円)またサージカルガイド作製の相談なども対応いたしますので問い合わせフォームよりお問い合わせください。