トップページ > インプラント > インプラントとは

インプラントとは

 

 

インプラントとは

インプラント治療とは、これまで入れ歯やブリッジでしか対応のできなかった歯を失った部分に、天然歯の根の部分の代わりをする人工歯根を入れて、再び噛む機能を回復させる治療のことです。
入れ歯では噛むことが難しかったものも噛めるようになり、取り外す必要もなくなります。
また、人前でも口元を気にせず、食事やおしゃべりが楽しくできるようになります。
インプラント治療は、お口の中の機能回復と、自然な審美性を追求した新しい治療法です。

インプラント治療のメリット

  • 1. 自分の歯と同じように噛むことができますので、違和感がありません。
  • 2. 健康な隣の歯を削ったりするような処置が必要ありません。
  • 3. 見た目も自然で、人前で口元を気にせず食事やおしゃべりを楽しむことが可能です

こんな方にインプラト治療をおすすめします

  • ・奥の歯が抜けたため、ブリッジができない
  • ・ブリッジにするために、健康な歯を削りたくない
  • ・抜けている歯の数が多く、ブリッジでは支えきれない
  • ・入れ歯に抵抗がある
  • ・事故などの外傷で歯を喪失した

カムログインプラントシステムについて

カムログインプラントシステムは、長期にわたる基礎と臨床研究に基づいて、ドイツで開発されたインプラントシステムです。
ヨーロッパ、アメリカ、アジア各国など世界中で多くの患者さんの口腔機能の再建に使用されています。

 

 

 

 

インプラントと従来の治療法の違い

前歯部1本欠損の場合

前歯部1本欠損の場合

従来の治療

両隣りの健康な歯を削って土台にし、ブリッジで治療します。

前歯部1本欠損の場合

インプラント治療

欠損部にインプラントを埋入し、人工の歯を単独で装着します。

奥歯が複数本欠損している場合

奥歯が複数本欠損している場合

従来の治療

部分入れ歯で治療。
健康な隣の歯に維持のための鉤をかけるため、歯に負担がかかります。

奥歯が複数本欠損している場合

インプラント治療

必要な本数のインプラントを埋入し、それぞれ単独で治療するか、インプラント同士を連結したブリッジとします。

すべての歯が無い場合

すべての歯が無い場合

従来の治療

土台になる歯がないため、総入れ歯となります。
うまく合わない場合は食事がおいしくない、うまく話せない、外れやすいなどの問題が生じることがあります。

すべての歯が無い場合

インプラント治療

インプラントを土台にして入れ歯を安定させ、動かずしっかりした義歯にすることができます。
また顎の状態によっては、インプラントによって1本づつの歯を自然な状態で再建することも可能です。

 

 

[納得の10年保証]へ

稲城市の歯科
ランドマーク歯科クリニック
東京都稲城市東長沼3107-4
京王リトナード稲城 3F
TEL:042-370-2855
FAX: 042-370-2856
受付時間
月.火.木.金 :  午前 10:00~12:30
 午後 14:00~19:00
:  午前 10:00~12:30
 午後 14:00~18:00
定休日 :  水曜日・日曜・祝日
RSS 2.0