BLOGブログ

反対咬合の治療

このブログでもたびたび触れていますが、小児の反対咬合は顎の成長発育にも影響を与えるので早い段階に改善する必要があると考えます。

反対咬合

トレイナーシステムi-3を使用していたので歯並びはきれいですが反対咬合の改善までは至っていません。

 

 

反対咬合

このまま経過を観察していても改善の見込みなしと判断、ワイヤーによる矯正をスタートします。

 

 

反対咬合

およそ3か月程度で前歯の被蓋が改善されました。

 

 

 

 

 

 

反対咬合

7歳の男の子、ブラケットをつけるのが難しそうだったので

 

 

反対咬合

舌側弧線装置という裏側から歯を押す方法をとりました。

 

 

反対咬合

1か月ほどで前方に出てきます。

 

 

反対咬合

今後側切歯も舌側に萌出してくる可能性が高いので、引き続き経過観察を行います。

 

 

 

 

 

9月30日スタッフと一緒に歯科衛生士セミナーに参加してきました。