BLOGブログ

smopによるサージカルガイドのその後

サージカルガイドシステム『smop』(Swiss Meda Online Planing)の運用を開始し、順調に症例数をこなしています。

システムにだいぶ慣れてきた現在の実感としては、シュミレーションした位置に正確にインプラントをポジショニングできるというのは患者さんにとって安心安全であると同時に、術者にとってもオペ中のストレスを大幅に軽減してくれて大変助かっています。

かつてはフリーハンドでインプラント埋入を行なっていた時期もありましたが、最近は模型上で作製された外科用テンプレートを使用した埋入法を行なっていました、そして今回CTデータとスキャニングした口腔内模型を重ね合わせ、3Dプリンターで作製されるガイデッドサージェリーシステムへと進展。

いずれインプラントをフリーハンドで埋入していた時代があったなんて信じられないといった日が来ることだと思います。

 

 

サージカルガイド

プランニングセンターで作製され、当院に送られてきたサージカルガイド「smop」