BLOGブログ

日本口腔インプラント学会in仙台

9月22日は診療を休診させていただき、仙台で行われた日本口腔インプラント学会へ2泊3日の泊りがけで参加してきました。今回一般口演で初めての発表をさせていただきました、演題は「審美領域においてインプラント治療を行った一症例」。

 

1日目、朝早く家を出て、わずかな時間を使って仙台城へ。とても巨大な石垣(天守台)、一説には徳川幕府に配慮して天守閣を作るのをやめたとか、もし完成していたらすごいお城だったでしょう。

 

 

仙台国際センター

 

1日目の専門医教育講座

 

2日目のシンポジウム第1会場

 

シンポジウム第2会場

 

企業展示会場

 

そして私が発表を行った第6会場、一番小さな会場です。

 

田中会長をはじめ、会場に足を運んでくださったCISJ会員の皆様に深く感謝いたします。

 

3日目はイタリアのMario Beretta先生による海外招待講演、神技とも思える手技に驚嘆しました。

 

私自身の発表以外にも高名な先生方の最先端の治療を学んだり、私よりも若い先生方の素晴らしい発表に刺激を受けたり、大学時代の同級生に偶然会ったり、仙台のおいしい料理を友人の先生と楽しんだりと、3日間とても充実した時間を過ごしてきました。
歯科医師になったばかりの頃は自分が学会発表をすることになるとは夢にも思いませんでした、それぐらい自分には縁のない世界だと思っていたので不思議なものです。