BLOGブログ

インプラントを用いた矯正治療

矯正用のミニインプラントを用いることでこれまで難易度の高かった矯正治療がより簡単に行うことができるようになっています。今回はバイオデント社製の矯正用アンカースクリューとPLAS(パラタルレバーアームシステム)を用いた限局矯正の紹介です。

写真は最後臼歯である第2大臼歯がすれ違っているため十分な機能を果たせていません。このように最後臼歯が咬合していない方は割と多くいるのですが、ほとんどの患者さんは気づいていないようです。しかし奥歯でしっかり噛めることは食生活、健康、人生において重要な役割を果たしていますので、これを改善することは大きな意義があると考えます。

 

 

インプラント矯正

最後臼歯がすれ違い咬合で機能していません。

 

 

インプラント矯正

矯正用ミニインプラントを口蓋に埋入しPLASを装着、パワーチェーンにて牽引します。

 

 

インプラント矯正

5ヶ月後、第2大臼歯が内側に入ってきました。

 

 

インプラント矯正

後戻りしないように固定装置を接着します、垂直的にしっかり噛み合った正常な咬合関係が得られています。