BLOGブログ

口腔内写真の意義

当院では初診時にすべての患者さんに対して口腔内写真を10枚法で撮影させていただきます。これは患者さん自身がご自分の口の中の状態がどうなっているかを見てほしいからです。なかには「怖くて見たくない~」なんていう患者さんもいらしゃいますが、ほとんどの患者さんは「自分の歯がこうなっているなんて、初めて見ました」と感動してくれます。

歯科治療では、まずご自身の歯の状態を知ってもらうということが一番重要なことだと思います、そのためには口で説明されるより実際に見た方が解りやすいですよね、百聞は一見にしかずです。

撮影した口腔内写真は治療完了後にはメインテナンスの大事な資料となります、さらに学会や研究会発表、ブログ資料としても使わさせていただきます、他の歯科医師とも情報を共有し意見交換することにより、より質の高い歯科治療を提供することができるようになると考えているからです、もちろん外部に出すときは絶対に本人が特定されないよう個人情報はしっかり守りますので、どうぞご理解の程よろしくお願いいたします。

 

 

0000003988

何が問題かは一目で解ります。

 

 

隣接面カリエス

治療中もできる限り写真に撮ってお見せしています、虫歯を初めて見たという患者さんもたくさんいます。