BLOGブログ

歯肉のラインを左右対称にする

患者さんは30代女性、左上1番の補綴物が脱離したため近隣の歯科医院を受診、歯根が唇側に破折しているため治療することとなりました。

破折部は歯肉縁下にあり、マージン(被せものと歯の接合面)を歯肉縁上に出すために担当医は歯肉切除術を行います、ここで患者さんは最終補綴物の歯冠の長さが左右対称にならないことに不安を抱き当院を受診されました。

歯の審美性が重要視されているこの時代に、安易に前歯部の歯肉を切除してしまうのは医学的には間違っていないのかもしれませんが、審美学的及び歯周病学的な事を考えるといかがなものかと感じてしまいます。

しかし無くなってしまったものは仕方がないので、もう一度増やすことを第一に考えます。

 

 

前歯の審美

初診時正面観

 

 

前歯の審美

破折線にそって歯肉を切除、暫間的に破折片のついた補綴物が仮着してあります。

 

 

前歯の審美

まずは補綴物を歯冠を短くした仮歯に置き換え、矯正装置を付けてエクストルージョン(歯根廷出)を行います。

 

 

前歯の審美

ディープバイト(過蓋咬合)傾向のため舌側に装置をつけることができず、やむなく唇側に装置をつけることに、しかし左上2番にはセラミックの補綴物が入っているため装置を接着できません。

 

 

前歯の審美

苦労しながらも、なんとか無事に歯が引っ張り出され、同時に歯肉もついてきました。

 

 

前歯の審美

歯肉のラインが大体揃ったところで仮歯の形態修正を行いながら歯冠と歯肉が左右対称になるように微調整していきます。

 

 

前歯の審美

仮歯の形態修正を行い左右対称になるよう調整していきます

 

 

前歯の審美

最終補綴物が装着されました

 

 

たった1本の歯の治療に要した来院回数は治療説明で1回、MTM(小矯正)で4回、根管治療で2回、補綴処置で5回、合計12回で4か月かかっています、これを多いと感じるか、少ないと感じるかは患者さん次第ですが、多いと感じる方には当院は合わないかもしれません。